ゆうばる

アウトドア&インドア。アクティブ学生20歳の毎日…

一記事に対する考え方

 f:id:haluca-net:20160113021643j:plain

 

僕は、ブログを書くときにとても時間がかかります。

 

特にブロガーさんに聞きたいのですが、

みなさんは1記事をどれくらいの時間で書き上げるのでしょうか。

 

わたし、きになります。

 

ちなみにこの記事を書くのにかかった時間は1時間です。

 

 ※有名なブロガー「イケダハヤト」さんは1000文字の記事を15分で書くそうです。。。

一記事を書き上げる速度と質

冒頭で書き上げる速度についてあげました。

 

僕はまだ、このブログに5記事しかアップしていない、

文字通り、新米ブロガーです。

 

しかし、今までの5記事の一つ一つを書き上げるのには、意外に時間がかっています。

 

しかし、自分でいうのもなんですが、

どれだけ時間をかけようが所詮初心者が書いた記事。

 

質がいいわけないのです。

 

じゃあどうやって質を上げたらいいのだろうか?

 

といつも考えてしまいます。

 

しかし、ある時気づきました。

 

考えている時間があるなら書いてしまえ

そうなんです、考えている暇があるなら書けばいいんだと!

 

勉強でもスポーツでも同じです。

 

なにもせずにぐずぐずしていてもなにも始まりません。

 

ブログも同じです。

 

書きたいことがうっすらとでているのに、

書き始めずに、大枠が決まってから書こうとするのは、

上級者がやることです。

 

初心者は無心でキーボードをたたき続けるのです。

 

書き続けることで書けるようになるのか?

今、僕はこんな記事を書いていますが、

無心でキーボードをたたき続ける的な作業を思いついたのはこのブログを書いている最中ですwww

 

ですので、まだ書き続けることで書けるようになるかというタイトル付じたい愚問でした・・・

 

っというか、先日、イケダハヤトさんの有料記事を読んだのですが、

その中に、初心者ブロガーもマネしなければならない一文を見つけました。

 

それを僕は自分で解釈したのが、

「無心でキーボードをたたきつづける」です。

 

ですので、この無心で~っていうのは、成功者の言葉から来た考え方なので、

 

書きつづけることで書けるようになるのは必然といってもよいでしょう。

 

無心で書いているとだんだん内容がずれてきていることがある

 

たまに読み返してみると、なかなか一貫性のないことを書いているときがあります。

 

今までは、ちょっと読み返しては手直しの作業で結局なにを書いていいのかわからず、その記事自体をお蔵入りしてしまう、

 

なんてこともありました。

 

しかし、今は少し考え方が変わりました。

 

初心者(自分)に質を求めるのは、もう少し後でもいいのではないかと思えるようになりました。

 

今は、ただ記事を量産することが、

未来の記事への投資のように思えるのです。

 

そして、量産の中で質の悪い記事はアクセスが伸びず、

その中でもマシな記事はまあまあなアクセス数を稼ぐと予想しています。

 

質の悪い記事は後ほど、

何が悪いのか、などの改善を見つけることで、

次の記事の執筆に役立ちます。

 

このサイクルを続ければ、書くことになれるでしょう。

 

そして、人間が生きるために呼吸するように、

僕は記事をかけるようになるかもしれません。

 

 

今後記事を量産します

ということで、私「悠」は記事を量産して、

ブログ執筆の基礎体力をつけたいと思います!

 

めざせ100記事!!!

 

ぐっとばいでいず